生命美学展 18-27 OCT 2012

2012年10月18日(木)- 27(土)
11:00-19-00 (日曜休館)

早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館 1F
入場無料

早稲田大学理工学術院アーティスト・イン・レジデンス研究発表展 METAPHOREST

metaPhorestは,生命科学や生命論の展開を参照しつつ,「生命」を巡る美学・芸術(生命美学)の実験・研究・制作を行うためのプラットフォームです。2007年から,早稲田大学先端生命医科学研究施設(TWIns)の生命科学系の研究室内に設置されています。「生命とは何か?」という問に根源的な興味を持つアーティスト・表現者が,比較的長期(1年以上)に亘って滞在し,生命科学研究の現場で,実験設備やセミナーなどを科学者たちと共有しながら,それぞれの研究・創作活動するための機会を提供してきました。

僕たちの研究室では様々なアーティストたちが常駐し,それぞれの立場から「生命とはなんぞや」という課題について,表現行為を通じて模索し,実験生物学を専攻する学生やポスドクと実験室や設備をシェアしながら,日々のセミナーや学会発表を行ってきました。とはいえ,決して「仲良く一緒に科学と芸術の融合領域を楽しみましょう」というものではありません。むしろお互いがお互いの足元を鋭く批判し合う緊張感の中でこそ,この活動の意義があります。そんな中から,たとえば実験的なアートのプロジェクトの過程で見出された未知の生命現象から,新たな科学研究テーマが派生することもしばしばありましたし,研究室の意識や方向性にも色々な変化や気付きがもたらされました。

こうした試みを続けて5年目の今年,8組のレジデンス・アーティスト/研究メンバーに,成果の一部を発表してもらうことになりました。彼らのバックグラウンドは,日本画,油画,コンピュータ・アート,サウンド・アート,生物学,ファイン・アート,クリティカル・デザインなど,とても多様です。実際の作品も,手法,方向性に大きな多様性があります。グループ展とはいえ,グループとしての統一的な視座がある,という訳でもありません。しかし,そのいずれもが,何らかの形で「生命とはなにか」「生命とは何かとはどういう問いか」を巡っています。

参考画像

住所

東京都新宿区大久保3-4-1

JR

山手線 高田馬場駅から徒歩15分

西武鉄道

西武新宿線 高田馬場駅から徒歩15分

メトロ

副都心線 西早稲田駅に直結

東西線 早稲田駅から徒歩22分

バス

新宿駅西口-早稲田、都立身体障害者センター前

高田馬場駅-九段下、都立身体障害者センター前

主催・協賛

早稲田大学 理工学術院 電気情報生命工学科 (岩崎研)
アーティスト・イン・レジデンス metaPhorest

科学研究費補助金 基盤研究 (C)
「ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究」

お問い合わせ

EMAIL

hideo-iwasaki@waseda.jp

TEL

03-5369-7317

詳細

タイトル

生命美学展

会場

早稲田大学 西早稲田キャンパス63号館1F

期間

2012年10月18日(木) - 27(土) 11:00 - 19:00(日曜休館)

料金

無料

パンフレット

ダウンロード